Journal

Watercolor Carnation and Stock flower カーネーションとストック

平日の昼間、南の窓から明るい自然光が入る時間帯にスケッチ。

 

今回は、クリーム色のカーネーションと白のストック。春の花です。

 

 

そうそう、いつもジュースやトマトピューレのガラスの空き瓶に花を挿しているのは、花瓶だとすぐに割ってしまうからなんです。。洗っている時に欠けてしまったり。

 

食品の空き瓶は強いんですよね。割れない。ゴシゴシ洗っても平気。

 

なので、スケッチくらいなら、まいっか、とツイツイ空き瓶に活けてしまうのですが、動画を撮り始めてから、ちょっと気になり始めました。オシャレな花瓶も、また揃えていこうかな。

 

でも、この空き瓶と、中に入っている水、これを描くの好きなんですよね。

 

水と光がとてもキレイ。

 

自然光は、太陽の動きに合わせてどんどん色が変わるので、瓶の中の光の屈折具合も色も、描いている間にどんどん変わります。

 

一瞬一瞬を記憶しながら描いていますが、この瓶と水を描くときは、集中してできるだけ一気に、速く書きとめます。

 

たまに、描いている途中で、自然光が雲で影ったりすると、あ〜ってなることも。

 

でも、花と同じくらい、この透明瓶と水を描くのは楽しいです。

絶対に、同じ色の一瞬はないので、見逃したくない、なんて思ってしまいます。